• Yasushi Miki

【vol.14】みんなのおうちじかん 〜Tetsuta Otachi〜

みなさんはじめまして! 「みんなのおうちじかん~バンドリレー編~」、前回の鴨居哲也君からバトンをいただきましたギタリストのTetsuta Otachiです。

※このコーナーでは、群馬にゆかりのあるバンドマンたちがそれぞれのおうち時間をバトン形式で紹介していきます。




まずは自己紹介を。

現在、JariBu Afrobeat ArkestraRyozo Band、SAHAS(サハーズ)、ホリオカキカクなどのバンドでアフリカ音楽やソウル、ファンクなどを演奏しています。3歳から15歳までを前橋市と太田市で過ごし、今は東京都で暮らしています。数年前まで群馬の音楽シーンに触れる機会がほとんどなかったのですが、最近少しずつ群馬のミュージシャンやイベンターの方と接する機会が増え喜んでいました。そこへ今回の企画へのお誘い! 益々シーンに近づけるのではと、とても嬉しく思っています!


「JariBu Afrobeat Arkestra」と「Ryozo Band」。

はじめに、僕のやっているバンドをいくつか紹介させていただければと思います。節操なく色々なバンドをやっているので、活動歴の長いものから2バンド選びました。



まずは一番長く所属しているJariBu Afrobeat Arkestra。動画はちょうど一年前くらいにリリースしたアルバム"NEW WORLD"のダイジェストです。

JariBu Afrobeat Arkestra 「album "NEW WORLD" Teaser」

JariBu Afrobeat Arkestraはその名前にあるようにアフロビートというジャンルの音楽を演奏しています。(アフロビーツという大変人気のあるジャンルもありますが、それとは音楽性も認知度もだいぶ違います笑)

ベースにはオーセンティックなFela Kutiスタイルのアフロビートがありますが、最近はもう少し現代的な解釈も加えるようになってきています。

NEW WORLD / JariBu Afrobeat Arkestra

[購入ページ]https://www.tunecore.co.jp/artist/JariBu-Afrobeat-Arkestra



もう一つはSANABAGUNのベーシトとしても活躍する大林亮三君率いるRyozo Band。こちらは今年のはじめにリリースされた"Get Lost"から「Gerb」という曲のMVです。

Ryozo Band - Gerb (Official Music Video)


Ryozo Bandはヴィンテージなソウル・ファンクとキューバ音楽をミックスしたり、毎回色々なチャレンジしてて楽しいですね。大林亮三君は僕より10歳も若いのですが、音の趣味がとても近くてびっくりします! 彼からはいつも色々刺激をもらい勉強させてもらっています。感謝!!

Get Lost / Ryozo Band

[購入ページ]https://www.tunecore.co.jp/artist/Ryozo-Band#r609004




さて、肝心のおうち時間について。

緊急事態宣言の発令以降、すべてのライブが中止になってしまい当初はかなり落ち込んでいました。終わりの見えない引きこもり生活が始まりどうなることかと思っていましたが、ありがたいことにテレワークでのレコーディングが急に増え、あたふたとしつつも音楽に没頭することで徐々に元気を取り戻せました。最も早いタイミングから何度も録音の依頼をしてくださったDJ KAWASAKIさんには本当に感謝です!


リハすらできずフラストレーションも感じていましたが、テレワーク前提で考えると却ってメンバーのスケジュールも押さえやすく、皆クリエイティブな活動を求めていたので、コロナ以前に比べスピード感のある作品作りができた気がします。数えてみたら、この期間に20曲以上録っていました! 平時ならとても自分にはこなせない数です!! 快挙!!


JariBuでは今までメンバー間で差のあった自宅での制作環境がかなり整ってきて、今後の活動にもかなり役立てられそうです。 少しでも良い音でと思うと機材が色々欲しくなります。不勉強で知りませんでしたが素敵な機材が世の中にはたくさんありますね! 僕は今とてもこいつが欲しいです。自宅で自分の真空管アンプを使って録音してみたい。。。


もちろん、一緒に音を出しながら作っていくのとでは作品の方向性も変わってきますし、僕のやっているようなジャンルではセッションしながら作った方が良いことも多いかもしれません。直接会えない状況でいかにお互いのイメージを共有できるか、この辺は今後工夫が必要そうです。まだ試したことがないのですが、音の遅延のないオンラインセッションができるヤマハのサービス「SYNCROOM」に興味津々です。


Ryozo Band大林亮三君とは彼主導で映像作品への楽曲提供にもチェレンジさせていただきました。畔柳恵輔さんが手がけるステイホームYouTubeドラマ『Nothing To Spy』のOPとED曲です。

在日ファンク橋本剛秀君も参加しています。これは役者さんたちもテレワークなのかな? これOPとED両方にセクシーな囁きで華を添えてくださっているのが、なんとびっくりするくらいの大御所なんですよ。クレジットは『Madame

Aki』さんとなっていますが、気付く人は気付くんじゃないでしょうか!

NOTHING TO SPY #001
NOTHING TO SPY #002

そんなこんなですっかり宅録づいているわけですが、やっぱり早くいつものお店でライブをして皆とお酒を飲みながら語り合いたい! ライブはやっぱり最高ですよ!


宅録もとても楽しいのですが、状況が許すようになったなら、いつもお世話になっている会場にすぐ駆けつけられるよう、ライブ演奏の勘を鈍らせず、むしろ今までより少しでも良い演奏ができるよう精進せねばと思っています! 僕のバンドだけでなく、どのバンドも着々と新作の準備を進めています。リリースパーティーが開ける状況なったら是非ライブでみなさんに聴いていただきたいです!




最後に、群馬県で行きたいスポット3選を!

『今井酒造店』

https://www.kaze-kura.com/

こちらは以前JariBu Afrobeat Arkestraで演奏させていただいたことのある素敵な酒造で国登録有形文化財でもあるそうです。喫茶室やギャラリーなども併設されていて、普段から様々なジャンルのイベントも開催しているそうなので、のんびりお茶しに行ってみたいですね。


『Sirosiba Studio』

http://sirosibastudio.com/

こちらも以前Ryozo Bandで合宿リハをさせていただき、すごく楽しかった思い出のある場所です! 当時は「studio BOOGIE」という名前でした。都内からもアクセスが良くリーズナブルな料金設定でオススメです! 根を詰めてリハをした後、メンバー皆で入った近くの温泉もセットでオススメなんですが名前が思い出せず。。。無念です。。。そしてなんと今回このリレーのvol.1を担当している秀吉さんが運営されているスタジオなんですね! 是非また合宿させていただきたいと思っています!


『Sangam』

http://sangam.moo.jp/

そして最後はこちら! 以前から気になっているのになかなかチャンスに恵まれず行けていない僕の中で幻の名店「サンガム」です! まず店主の大澤さんのやっているバンドafrocoyaは西アフリカのトラディショナルな音楽を演奏する最高にかっこいいバンドなのです。時々対バンしたり、イベントのFoodでサンガムのご飯に舌鼓を打ったり、色んなところでご縁があるのにまだ行けていないという。。。セッションもやっているという噂も聞きますし、僕のリスペクトしている先輩たちもよく出演しているらしい。ということで絶対に行ってみたいお店サンガムなのでした! 以前UCHIDELIさんでも紹介されているとのことなのでみなさんも是非チェックしてみてください! 全国配送対応の冷凍食品も販売しているとのことなので、お店に行ける日まではこちらのお世話になろうと思います!




ということで!

次はafrocoyaのBalafone奏者、そしてSangam大澤和樹さんにバトンをお渡ししたいと思います!



▼Tetsuta Otachi

[Twitter]https://twitter.com/te2ta

[Instagram]https://www.instagram.com/tetsuta_otachi/

[おすすめエリア]前橋


136回の閲覧
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

© 2020 UCHIDELI by motto